渓流ベイトをこよなく愛する男のブログ

CURTIS CREEK

釣行記

石狩沖防波堤2018実釣編

更新日:

仲間と行って来ました石狩沖防波堤

2018年の今年は既に開幕済みで

待ち合わせ場所に着いたら
めちゃくちゃたくさんお車が駐車してあり結構な混雑具合でした。

そして、海を眺めながら渡船を待ち

いざ石狩沖防波堤へ!

船が出る時っていっつもワクワクします。

皆それぞれ思い思いのポイントに立ち。

ひたすらキープキャスティング

本当はあちこちランガンして水深の深い場所とか探そうと思っていたのですが
人が多すぎて全く動く事が出来ませんでした(笑)

まだ日が沈んでいなかったのでアイナメ(アブラコ)を狙うも不発。

とりあえず魚の反応を得たくてガルプに手を出しガヤ(エゾメバル)を釣る(笑)

小さいワームでヘチやすぐ目の前のブレイクを狙えばそこそこ反応をしてくれました。

そして、日が沈むとクロソイタイムへ

群れで入って来てる感じで
一匹釣れればその後しばらくバタバタバターっと釣れて沈黙

そしてまた一匹釣れればその後しばらくバタバタバターっと釣れて沈黙

というのを繰り返し

4インチのデスアダーで30センチちょっとのクロソイが釣れました。

ワームのサイズを4.5インチにあげてOSPのドライブスティックを投げてましたが
これが結構釣れました。

カーブフォールとスイミングで狙う予定でしたが・・・

無情にも容赦なくボトムへと着底してしまうワーム

スイミングさせても反応なし・・・

着底後巻いて止めてフォールさせて着底後も数秒放置を繰り返していると・・・

ゴンッ!

って感じで活性はそんなに高くない感じでした

そしてサイズアップは叶わず・・・

最後に悪あがきで8インチのバークレーのイールを投げまくるも・・・

クロソイ狙いの使用ロッドは、もうすぐデリバリー予定のBeams CRAWLA6.6L+で8インチワームでこんな小さいソイもヒットに持ち込めるティップを備えています。

この日はあんまり調子よくなかったみたいですが、それでも飽きない程度に反応があり久しぶりのロックフィッシングで楽しい日となりました。

う~ん・・・また行きたい(笑)

こちらの遊漁船を利用させていただきました。
石狩湾新港 遊漁船 Littlebay
めちゃくちゃ気さくな船長さんで面白い方です。
気持ちよく船で沖堤防へ渡して頂けました。

多少料金はかかりますが漁港とはまた違ったソイの反応が見れると思います。
40そして50オーバーのクロソイが狙えて60オーバーの実績もあるという・・・
一度は行ってみる価値があると思いますよ!

そうそう・・・

カッパを着ていく事をおすすめします。
帰りの船は爆走で波飛沫をくらいながらみんな耐えてる感じで
私は普通のズボンを履いていたのでかなり濡れて帰って来ました(笑)

そして、Fishmanの2018年新製品はあともうちょっとデリバリー開始予定です。
代表が新製品についてfimoブログを更新してます。
↓ ↓ ↓ ↓
軽いルアーをテクニックなしで飛ばすことができる理由がある

テスター小嶋のBeams CRAWLA8.3L+実釣動画もあります。

-釣行記

Copyright© CURTIS CREEK , 2018 All Rights Reserved.